猫も糖尿病になります、気づいてあげましょう

家族同然の猫が病気になったらとても悲しいですよね。
人間が病気になることも辛いことですが、何も話すことのできない
猫が病気になったとき、いち早く変化に気づいてあげることが大切です。

猫も人間と同じように糖尿病になります。

どのような猫が糖尿病になるのか
糖尿病の原因と主な対策、治療法をご紹介します。

猫

猫の糖尿病はインスリンの働きが悪くなることで起きる病気です。

猫の場合は、ストレスが原因で血糖値が上がることが多々あるので
正確な血糖値を知るためには何度も検査が必要になります。

その為、病気になったときは普段の猫の健康状態をしっかり把握して
どのようなところが異常なのか知っておく必要があります。

糖尿病になった猫のおもな症状

  • 水を大量に飲む
  • 食べる量が増える
  • 体重減少
  • トイレの回数が増える
  • 腹部がふくれる
  • 白内障

食べる量がふえているにも関わらず体重が減少しているのは
目に見えてわかることですから、しっかり観察して過ごしましょう。

糖尿病の主な原因はほとんどが人間と同じです。
早食い、ドカ食いが毎食の習慣になっていると膨大なインスリンが放出されるようになります。
インスリンは大事な働きを持っており、必要な細胞にインスリンが行き届かないので
血糖の処理が徐々に滞り、結果血中の糖が高濃度になるため糖尿病になりやすいのです。

そのため、カロリー低めのカナガンキャットフードのようなキャットフードがおすすめと言えるでしょう。
少し高めですが、動物病院に連れて行くことを考えれば結局は安くつくのです。

猫の糖尿病は、10歳以上に多く発症しています。人間と同じように基礎代謝が減少するため、同じような食事をとっていると
消費することができなくなり、ドカ食いしているのと同じ状態になってしまうのです。

膵臓にできた炎症や腫瘍が糖尿病の原因となることがあります。
肥満も糖尿病の主な原因です。
ステロイド、黄体ホルモン、利尿薬、心臓薬、抗けいれん薬などの投薬によって
インスリンの働きを弱め、結果糖尿病になるということもあります。
人間と同じように先天的にインスリンを産出できない猫もいます。

猫の糖尿病の治療は人間とほとんど同じです。
病院で糖尿病と診断されたら、獣医師の指示に従い
インスリンの投与や食事療法、運動療法を行いましょう。

猫は一匹では何もすることができません。
本能のままに過ごせば寿命が縮まるだけです。
大事なペットを守り、できる限りの手を尽くして育てましょう。