猫エイズにかかったらどうすれば良いの?

猫エイズは飼い主が気が付かないうちに発症することがあります。
原因は猫免疫不全ウイルスへの感染です。

猫

これは、未感染の猫が、散歩などお外にでた際に感染猫と喧嘩をして
噛み合いになったりひっかかれたりした時に、傷口を通して感染します。
感染猫の唾液や血液が入ることで猫免疫不全ウイルスに感染するのです。

また、妊娠している猫が周産期に猫免疫不全ウイルスに感染していると
仔猫にも影響することがあります。

猫免疫不全ウイルス感染症は通称、猫エイズと呼ばれ
人間の免疫不全ウイルス(HIV)感染症に似た症状があります。

このウイルスに感染してすぐには症状が現れません。
1ヶ月ほどたつと、発熱、下痢、リンパ節の腫れなどの症状が現れ始めます。

しかし、このような症状は一過性で軽いこともあり、猫ウイルスに感染しているか
飼い主が気づかないことが多いのです。

感染に気付かないまま症状が全くでない期間があります。
この期間は数か月から数年続くのです。
大半の猫は感染していてもこの症状が全くでない期間を経て
通常の寿命、もしくは少し短めの寿命を迎えます。

猫エイズ発症の猫は、この症状が全くでない期間を経て後、
口内炎や鼻炎、結膜炎、下痢、皮膚炎など体の不調が現れ始めます。
また、貧血、がん、日和見感染を起こし、衰弱し、死に至るのです。

残念なことに、人間のHIV同様、猫エイズには最善な治療法はありません。
口内炎や鼻炎などの症状に対しての抗生物質などの投与による治療はありますが
根本的な猫エイズに対する治療は他の感染症にかからないように室内飼育を行ったり
安静の生活、栄養バランスのとれた食事を与える他にありません。

猫エイズに感染することを予防するために、感染している猫との接触を避けることが1番の予防対策となります。

室内飼いにすると決めたら徹底すること。
外に散歩に出すときにはこのような感染もあり得ることを心に止め、
喧嘩して帰ってきたときには感染症を疑うようにしましょう。