猫のかかりやすい病気、猫風邪とは?

猫がいつまでも元気でいてもらうために病気になっているときに
早急に気づいてあげることが大切になります。

人間と同じように、猫がかかりやすい病気というものがあります。
その病気を良く知り、普段と違う様子の猫に対して病気を疑いましょう。

猫

人間と同じように、猫も風邪をひきます。
猫風邪は感染したウィルスによって種類が異なります。

猫ウイルス性鼻気管炎の場合による猫風邪は2、3ヶ月前後の仔猫に多く発症します。
母親からの抗体がなくなる時期だからです。

症状は、鼻汁、くしゃみ、咳、発熱、食欲減少、角膜炎、結膜炎などです。

猫カリシウイルス感染症の場合も、2、3ヶ月前後の仔猫に多く発症します。
症状は、鼻汁、くしゃみ、発熱、食欲減少、肺炎、関節炎、口の中に腫瘍などです。
この口の中にできる腫瘍が原因で、痛みからよだれが多くなったり、口臭がきつくなります。

クラミジア細菌による猫風邪の場合の症状は結膜炎、くしゃみ、咳、鼻汁などです。

猫風邪の多くはこの猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、
猫クラミジア感染症の3種から起こることがほとんどです。

また、他の細菌の二次感染を起こすこともよくあります。
これらのウイルスや細菌に複数感染した場合、症状がより重くなることがあります。

特に症状が軽い場合は治療をしなくても自然に治る場合がほとんどですが
複数のウイルスに感染し、重症化したり仔猫の場合は命に関わる危険性が高まります。

人間同様、猫同士の接触によって感染します。
一度感染すれば、抗体ができるのですが、免疫力が衰えている場合は
再び発症する恐れもあります。

このような猫風邪を防ぐために、原因に合わせた治療を行うことが大切です。
猫ウイルス性鼻気管炎が原因の場合は抗ウイルス剤の投与を
猫カリシウイルス感染症の場合はインターフェロンの注射、点眼、点鼻を行います。
猫クラミジア感染症の場合は抗生物質が有効となります。さらに、このような治療に加えて栄養補給なども行い、
二次感染の疑いがある場合は抗生剤の投与も行います。
体を温めてあげることも大事な治療になります。

風邪をひく前に対策をうつこともできます。
猫風邪の原因となるウイルスや細菌感染を予防するためにワクチン接種が可能です。
仔猫の時からワクチンを接種することをお勧めします。
人間同様、猫も病気になります。しっかりとした対策と治療をしてあげましょう。