咳が長く続く、猫の気管支炎を疑おう

人間と同じように、猫も病気になります。
風邪をひくこともありますし、その症状が悪化すれば
さらに別の病気にもなるのです。

猫が良くかかる病気である猫風邪から咳が悪化すると
猫の気管支炎になることもあります。

猫

この猫の気管支炎についてご紹介します。

その名の通り、猫の気管支炎は空気の通り道となる気管に炎症が起こっている状態のことを指します。
気管は、のどと肺を結ぶ管のようなもので、
この気管から枝分かれしている部分を気管支と呼んでいます。

気管支に炎症が起こると、その組織が腫れ上がるため管の経路が狭くなります。
そのため、空気の通り道がふさがれた状態となるため呼吸である酸素と二酸化炭素の
交換が上手にできなくなります。この状態を気管支炎と言います。

猫が気管支炎ではないかと疑う時に次の症状が無いか確認しましょう。

空咳、咳の後に吐きそうになる、食欲が出ない、元気がない、呼吸困難に陥っている、
あまり活発に動かない、重症すると失神することもあります。

このような症状が現れ、気管支炎になる原因としては主に4つのことが挙げられます。

ウイルス細菌への感染による気管の炎症。
これは猫風邪による細菌感染によるものです。
また、歯周病になることで症状が悪化することがあります。

寄生虫症によるもの。
線虫などの小さい幼虫が気管に入りこむこと炎症を起こすこと。
フィラリアや毛細線虫などが対象です。

異物の誤飲や吸引による炎症。
普段の生活の中で、飲み込むべきではないものを飲み込んでしまい
気管に入り込んでしまったことにより炎症が起こること。また、体に害のある煙やガスなどを
吸うことによって気管に傷がつき炎症が起こります。

揮発性有機化合物による炎症。
空気中には目に見えない揮発性有機化合物が漂っています。
この物質が気管に入ることにより刺激を与えることで炎症を起こしている場合があります。
慢性気管支炎の多くの要因がこの揮発性有機化合物にあると言われています。

このような原因で気管支炎になった場合の治療法はまず抗生物質の投与によるもの
猫風邪など、別の要因で気管支炎が起こっている場合は
その要因を治療します。ウイルス感染であれば抗ウイルスを、
歯周病であればそちらを治療するようになります。

また、酸素吸引や咳止め薬、気管支膨張薬などの症状を和らげる治療もおこないます。
そして、環境を変えてあげることが治療になります。
誤飲や吸引などによる気管支炎は生活環境を整えなければいけません。

人間と同じように、猫にも気管支があるのです。
快適に暮らせるように努力していきましょう。