猫も糖尿病になります、気づいてあげましょう

家族同然の猫が病気になったらとても悲しいですよね。
人間が病気になることも辛いことですが、何も話すことのできない
猫が病気になったとき、いち早く変化に気づいてあげることが大切です。

猫も人間と同じように糖尿病になります。

どのような猫が糖尿病になるのか
糖尿病の原因と主な対策、治療法をご紹介します。

猫

猫の糖尿病はインスリンの働きが悪くなることで起きる病気です。

猫の場合は、ストレスが原因で血糖値が上がることが多々あるので
正確な血糖値を知るためには何度も検査が必要になります。

その為、病気になったときは普段の猫の健康状態をしっかり把握して
どのようなところが異常なのか知っておく必要があります。

糖尿病になった猫のおもな症状

  • 水を大量に飲む
  • 食べる量が増える
  • 体重減少
  • トイレの回数が増える
  • 腹部がふくれる
  • 白内障

食べる量がふえているにも関わらず体重が減少しているのは
目に見えてわかることですから、しっかり観察して過ごしましょう。

糖尿病の主な原因はほとんどが人間と同じです。
早食い、ドカ食いが毎食の習慣になっていると膨大なインスリンが放出されるようになります。
インスリンは大事な働きを持っており、必要な細胞にインスリンが行き届かないので
血糖の処理が徐々に滞り、結果血中の糖が高濃度になるため糖尿病になりやすいのです。

そのため、カロリー低めのカナガンキャットフードのようなキャットフードがおすすめと言えるでしょう。
少し高めですが、動物病院に連れて行くことを考えれば結局は安くつくのです。

猫の糖尿病は、10歳以上に多く発症しています。人間と同じように基礎代謝が減少するため、同じような食事をとっていると
消費することができなくなり、ドカ食いしているのと同じ状態になってしまうのです。

膵臓にできた炎症や腫瘍が糖尿病の原因となることがあります。
肥満も糖尿病の主な原因です。
ステロイド、黄体ホルモン、利尿薬、心臓薬、抗けいれん薬などの投薬によって
インスリンの働きを弱め、結果糖尿病になるということもあります。
人間と同じように先天的にインスリンを産出できない猫もいます。

猫の糖尿病の治療は人間とほとんど同じです。
病院で糖尿病と診断されたら、獣医師の指示に従い
インスリンの投与や食事療法、運動療法を行いましょう。

猫は一匹では何もすることができません。
本能のままに過ごせば寿命が縮まるだけです。
大事なペットを守り、できる限りの手を尽くして育てましょう。

猫の尿の状態をよく見て、尿石症ではないかチェックしよう

ペットの猫の尿の状態をよく見たことがあるでしょうか。
人間同様、病気など、体の不調は排泄物によく現れます。

特に、寒い冬場は飲水量が減るため、尿石症になりやすい猫が多いです。
猫の尿石症についてご紹介します。

猫

猫の尿石症は、人間でいう胆石に当たります。
このことから、猫の腎臓、尿管、膀胱、尿道に石ができる病気であることが想像できるのではないでしょうか。
また、石になる前の砂の状態でも尿石症が起こります。

このような尿石症を起こしている猫はいつもと行動がすこしおかしい部分があるので
排尿、排泄に十分注目しましょう。

尿石症の症状は、血尿、頻繁にトイレに行くが、量が出ない、排尿するときに
妙な格好をしている(排尿しにくいような格好で痛がっているように見える)
このような症状が重症化すると、尿が出なくなったり、オスの場合は陰茎をしきりに舐めるという行為が見られます。また、元気がなくなり食欲が無くなる症状も現れ始めます。

重症化してくると、命に関わる危険性があるため、猫の排泄がおかしいと思ったら
病衣にすぐに行くことをお勧めします。

猫の尿石症の原因として一般的に挙げられているのは以下になります。

  • 水を飲む量が減少したこと(特に冬場はあまり水を飲まない猫がいるため)
  • ビタミン不足、餌の種類による、ミネラルバランスが悪いこと
  • 尿のpH、肥満、陰茎や膣からの感染
  • 体の抵抗力が低下

また、これらの要因がいくつか重複することによって引き起こされることがあります。

病院に行くと尿検査をすることで尿石があるかどうか、
またなりかけの砂などがあるかどうかその種類も特定されます。

病院で尿検査をすることもできますが、飼い主が尿を持っていき検査してもらうこともできます。
しかし、尿を汚さないことが必須になりますので、できれば病院でとってもらった方がよいでしょう。

尿石症の治療は尿結石か腎結石か判断がついたところで、飼い主との相談になります。
結石の状態によって緊急性が決まってくるので、すぐに手術という場合は医師の指示に従いましょう。

外科手術の必要が無い場合は、食事療法や投薬によって治療をします。
投薬をして水分摂取量も多くし、尿の濃度を薄めていきます。
ある程度、のどが渇く食事をしなければいけないため食事療法によって
食べる餌や量を決定します。

猫の排泄状態を確認することも飼い主の仕事です。
猫が苦しんでいるか、よく水分を摂っているかなど注目しつつ
冬場は特に尿石症になっていないか注意しましょう。

猫エイズにかかったらどうすれば良いの?

猫エイズは飼い主が気が付かないうちに発症することがあります。
原因は猫免疫不全ウイルスへの感染です。

猫

これは、未感染の猫が、散歩などお外にでた際に感染猫と喧嘩をして
噛み合いになったりひっかかれたりした時に、傷口を通して感染します。
感染猫の唾液や血液が入ることで猫免疫不全ウイルスに感染するのです。

また、妊娠している猫が周産期に猫免疫不全ウイルスに感染していると
仔猫にも影響することがあります。

猫免疫不全ウイルス感染症は通称、猫エイズと呼ばれ
人間の免疫不全ウイルス(HIV)感染症に似た症状があります。

このウイルスに感染してすぐには症状が現れません。
1ヶ月ほどたつと、発熱、下痢、リンパ節の腫れなどの症状が現れ始めます。

しかし、このような症状は一過性で軽いこともあり、猫ウイルスに感染しているか
飼い主が気づかないことが多いのです。

感染に気付かないまま症状が全くでない期間があります。
この期間は数か月から数年続くのです。
大半の猫は感染していてもこの症状が全くでない期間を経て
通常の寿命、もしくは少し短めの寿命を迎えます。

猫エイズ発症の猫は、この症状が全くでない期間を経て後、
口内炎や鼻炎、結膜炎、下痢、皮膚炎など体の不調が現れ始めます。
また、貧血、がん、日和見感染を起こし、衰弱し、死に至るのです。

残念なことに、人間のHIV同様、猫エイズには最善な治療法はありません。
口内炎や鼻炎などの症状に対しての抗生物質などの投与による治療はありますが
根本的な猫エイズに対する治療は他の感染症にかからないように室内飼育を行ったり
安静の生活、栄養バランスのとれた食事を与える他にありません。

猫エイズに感染することを予防するために、感染している猫との接触を避けることが1番の予防対策となります。

室内飼いにすると決めたら徹底すること。
外に散歩に出すときにはこのような感染もあり得ることを心に止め、
喧嘩して帰ってきたときには感染症を疑うようにしましょう。

猫の悪性リンパ腫(がん)とは?

人間の悪性リンパ腫(がん)と同じように、猫にもその病気が存在します。

リンパ組織は全身に存在しており、その組織ががん化した状態のことを指します。
呼び名としては、リンパ肉腫とも呼ばれています。

猫の悪性リンパ腫の発生率は10万匹あたり41.6~200匹と高めです。
ちなみに犬は6~30匹となっています。

飼い猫が病気になった時の参考として、どのような症状があるのか
また治療方法をご紹介します。

猫

悪性リンパ腫の原因は4つあります。

  • ウイルス感染

猫の悪性リンパ腫は猫白血病ウイルスが関わっています。
このウイルスが体内にある猫が発症する確率はウイルスが無い猫の62倍です。
また、猫エイズウイルス感染症も悪性リンパ腫の要因になっており、
発症率を6倍に高めるという報告が上がっています。

  • 受動喫煙

研究によると、二次喫煙をしなければいけない環境にある猫は
悪性リンパ腫の発症率が高まっているとの報告があります。
また、マズルの長さが犬よりも猫の方が短い為、鼻腔での洗浄効果が低いことから、
受動喫煙が原因による悪性リンパ腫のリスクが高まっています。

  • ヘリコバクター菌

研究によると、腸管内にあるヘリコバクター菌が
リンパ肉腫の原因として関連性があるという報告があります。
因果関係はいまだ性格ではありませんが、研究課程において発表されています。

  • 磁場

電線から発せられる磁場の強さが犬猫にどのような影響をもたらすかという調査報告によると、
犬の悪性リンパ腫の発症に影響を及ぼしている可能性が示唆されています。

確実に犬や猫の悪性リンパ腫を引き起こすとの断定はできませんが
少なからず、原因として磁場があげられています。

悪性リンパ腫になると、急激に体重減少や食欲不振、嘔吐、下痢、貧血、呼吸困難などを起こします。
猫の体調が悪いと思ったら即病院へ駆け込むようにしましょう。

悪性リンパ腫の主な治療方法は化学療法、薬物療法、放射線療法、感染予防です。

特に化学療法がメインとなりますが、実際化学療法に反応して症状が緩和された猫の
平均生存期間は7か月と余命が短いことが事実です。

また、化学療法での緩和が難しい猫の場合は平均2.5か月、
無反応の場合は1.5か月の生存期間という報告があります。

一番予防としてふさわしいのは猫エイズウイルス感染からの予防に努めることです。
こうした要因から可愛い猫をなるべく遠ざけて、病気から守りましょう。

猫のかかりやすい病気、猫風邪とは?

猫がいつまでも元気でいてもらうために病気になっているときに
早急に気づいてあげることが大切になります。

人間と同じように、猫がかかりやすい病気というものがあります。
その病気を良く知り、普段と違う様子の猫に対して病気を疑いましょう。

猫

人間と同じように、猫も風邪をひきます。
猫風邪は感染したウィルスによって種類が異なります。

猫ウイルス性鼻気管炎の場合による猫風邪は2、3ヶ月前後の仔猫に多く発症します。
母親からの抗体がなくなる時期だからです。

症状は、鼻汁、くしゃみ、咳、発熱、食欲減少、角膜炎、結膜炎などです。

猫カリシウイルス感染症の場合も、2、3ヶ月前後の仔猫に多く発症します。
症状は、鼻汁、くしゃみ、発熱、食欲減少、肺炎、関節炎、口の中に腫瘍などです。
この口の中にできる腫瘍が原因で、痛みからよだれが多くなったり、口臭がきつくなります。

クラミジア細菌による猫風邪の場合の症状は結膜炎、くしゃみ、咳、鼻汁などです。

猫風邪の多くはこの猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、
猫クラミジア感染症の3種から起こることがほとんどです。

また、他の細菌の二次感染を起こすこともよくあります。
これらのウイルスや細菌に複数感染した場合、症状がより重くなることがあります。

特に症状が軽い場合は治療をしなくても自然に治る場合がほとんどですが
複数のウイルスに感染し、重症化したり仔猫の場合は命に関わる危険性が高まります。

人間同様、猫同士の接触によって感染します。
一度感染すれば、抗体ができるのですが、免疫力が衰えている場合は
再び発症する恐れもあります。

このような猫風邪を防ぐために、原因に合わせた治療を行うことが大切です。
猫ウイルス性鼻気管炎が原因の場合は抗ウイルス剤の投与を
猫カリシウイルス感染症の場合はインターフェロンの注射、点眼、点鼻を行います。
猫クラミジア感染症の場合は抗生物質が有効となります。さらに、このような治療に加えて栄養補給なども行い、
二次感染の疑いがある場合は抗生剤の投与も行います。
体を温めてあげることも大事な治療になります。

風邪をひく前に対策をうつこともできます。
猫風邪の原因となるウイルスや細菌感染を予防するためにワクチン接種が可能です。
仔猫の時からワクチンを接種することをお勧めします。
人間同様、猫も病気になります。しっかりとした対策と治療をしてあげましょう。

咳が長く続く、猫の気管支炎を疑おう

人間と同じように、猫も病気になります。
風邪をひくこともありますし、その症状が悪化すれば
さらに別の病気にもなるのです。

猫が良くかかる病気である猫風邪から咳が悪化すると
猫の気管支炎になることもあります。

猫

この猫の気管支炎についてご紹介します。

その名の通り、猫の気管支炎は空気の通り道となる気管に炎症が起こっている状態のことを指します。
気管は、のどと肺を結ぶ管のようなもので、
この気管から枝分かれしている部分を気管支と呼んでいます。

気管支に炎症が起こると、その組織が腫れ上がるため管の経路が狭くなります。
そのため、空気の通り道がふさがれた状態となるため呼吸である酸素と二酸化炭素の
交換が上手にできなくなります。この状態を気管支炎と言います。

猫が気管支炎ではないかと疑う時に次の症状が無いか確認しましょう。

空咳、咳の後に吐きそうになる、食欲が出ない、元気がない、呼吸困難に陥っている、
あまり活発に動かない、重症すると失神することもあります。

このような症状が現れ、気管支炎になる原因としては主に4つのことが挙げられます。

ウイルス細菌への感染による気管の炎症。
これは猫風邪による細菌感染によるものです。
また、歯周病になることで症状が悪化することがあります。

寄生虫症によるもの。
線虫などの小さい幼虫が気管に入りこむこと炎症を起こすこと。
フィラリアや毛細線虫などが対象です。

異物の誤飲や吸引による炎症。
普段の生活の中で、飲み込むべきではないものを飲み込んでしまい
気管に入り込んでしまったことにより炎症が起こること。また、体に害のある煙やガスなどを
吸うことによって気管に傷がつき炎症が起こります。

揮発性有機化合物による炎症。
空気中には目に見えない揮発性有機化合物が漂っています。
この物質が気管に入ることにより刺激を与えることで炎症を起こしている場合があります。
慢性気管支炎の多くの要因がこの揮発性有機化合物にあると言われています。

このような原因で気管支炎になった場合の治療法はまず抗生物質の投与によるもの
猫風邪など、別の要因で気管支炎が起こっている場合は
その要因を治療します。ウイルス感染であれば抗ウイルスを、
歯周病であればそちらを治療するようになります。

また、酸素吸引や咳止め薬、気管支膨張薬などの症状を和らげる治療もおこないます。
そして、環境を変えてあげることが治療になります。
誤飲や吸引などによる気管支炎は生活環境を整えなければいけません。

人間と同じように、猫にも気管支があるのです。
快適に暮らせるように努力していきましょう。